MISSION / 大福製紙のモノづくり

和紙のまちの、伝承するDNA

清流・長良川と緑の山並みに抱かれた和紙のまち、美濃市。そのシンボル的な存在の川湊を望む場所に大福製紙は事業所を構えています。
私たちのミッションは、美濃和紙の伝統と技術を守り、生かし、時に固定観念を超える「守破離」の精神で、今までにない新たな紙を創造していくこと。その現場は機械化が進んでいますが、人の手と目が必要な工程も多く、熟練した職人技が欠かせません。こうした「人の手と目」が関わる技は、熟練した職人から若手へ、モノづくりへの思いと共に日々、大切に伝えられています。

大福製紙の全景

研究開発企業をめざして

大福製紙は創業以来、特殊紙の開発メーカーとして、数多くの競争力ある製品を生み出してきました。その歴史はまさに大福技術開発の軌跡そのものといっても過言ではありません。しかし、あらゆる産業界において技術革新は日進月歩であり、市場のニーズはより高度化・多様化していくことでしょう。私たちはこれからもお客様のモノづくりパートナーとして「強い技術」を生み出すとともに、将来の事業を見据えた基礎研究にも長期的に取り組んでいきます。

大福製紙だからできること

たとえば、小ロットの生産やサンプル作成、「紙でこんなことができないか」といった開発オーダーもおまかせください。豊富な実績に培われた開発力はもちろん、一貫生産体制と小回りの効く対応力も、大福製紙がお客様に提供する価値です。私たちのモノづくりは、お客様に寄り添い、信頼関係を構築することで成り立ちます。
「大福製紙に頼んでよかった」と思っていただくこと。それが私たちの喜びです。

大福製紙の工場

水と生き、環境を守るために

大福製紙のモノづくりは、水や自然の恵みによって支えられています。この豊かな地球環境を未来へつないでいくためには、事業活動のあらゆる面で環境負荷の低減に努めなければなりません。
そこで、私たちはISO14001の認証を取得し、環境経営を推進。工場排水について厳しい自主基準を設けて浄化処理し、できる限り自然に近い状態で河川に還す活動や、製紙スラッジをセメント原料に有効利用することで、廃棄物の最終処分量を削減する活動などに取り組んでいます。

ムービー / 大福製紙のモノづくり

05